top of page

ドライヘッドスパの発祥と歴史

〜ドライヘッドスパの発祥〜

ドライヘッドスパの発祥地は日本です。日本では古来より指圧やあん摩、鍼灸など、健康維持のための伝統的な手技療法が広く普及していましたが、これらの技術が現代の多忙なライフスタイルに適応する形で進化し、従来から存在していたヘッドマッサージの新技法としてドライヘッドスパというジャンルが確立されました。


〜ヘッドマッサージの起源〜

ヘッドマッサージの起源は古代インドに遡ります。インドでは「チャンピサージ」として知られ、アーユルヴェーダの一環として何千年もの間行われてきました。「チャンピ(champi)」という言葉はインドの伝統的な頭皮マッサージのことであり、この言葉が「シャンプー(shampoo)」の語源にもなっています。

一方で、「ドライヘッドスパ」というコンセプトや名称は先にお伝えした通り日本で発祥したものです。日本の美容業界において、従来のウェットヘッドスパ(シャンプーやトリートメント等を使用するヘッドスパ)と区別するために「ドライヘッドスパ」という名前が使われるようになりました。的確なネーミングですし、世界に誇れる技術の発展だと思います^^


〜ドライヘッドスパの普及と発展〜

ドライヘッドスパは都市部でストレスにさらされる人々を中心に「短時間で手軽にリフレッシュできる」として人気を博し、リラクゼーション効果やストレス解消効果が高く評価されたことから、テレビや雑誌、インターネット等のメディアを通じて多くの人々がその存在を知り、体験してみたいと思うようになりました。SNSの普及も相まって、利用者の体験談やレビューが拡散され、ビジネスパーソンを中心に日本で急速に普及を広げています。


先駆者の先生方による次世代の教育や、参入のハードルが低い利点もあり、世の中の需要の高まりに比例して供給する事業者も年々倍増していることから、将来的にはボディケア店や整体店などと同様にどの町でも親しまれる、一般的なサービスに成長していく事でしょう。


また、ドライヘッドスパの人気は日本国内に留まらず海外にも広がりを見せています。特にアジアの国々や欧米で日本のリラクゼーション技術として注目され、多くのスパやサロンで取り入れられるようになりました。観光客が日本でドライヘッドスパを体験し、その効果を実感して帰国後に広めることで、国際的な認知度も高まっています。


最近は人気のあまり、ボディケア店や整体店でもドライヘッドスパメニューを取り入れていたりしますが、専門の技術サービスや知識を持つ施術者が活躍しているのはやはり当サロンのような専門店です。

次回はドライヘッドスパ専門店と、HAZERANの特長についてご紹介したいと思います♪



閲覧数:10回0件のコメント

Comments


bottom of page